1. トップページ
  2. 頬・小鼻に使うべき毛穴ケア化粧品の種類

頬・小鼻に使うべき毛穴ケア化粧品の種類

頬・小鼻に使うべき毛穴ケア化粧品…

答えは肌水分量のアップ。肌の保水力をあげる化粧品です。

肌細胞は水分が少なくなると縮んで小さくなります。また生まれ変わる肌細胞も貧弱になり、肌全体が緩んできます。

肌水分量が上がれば肌細胞は痩せずにしっかり育ち、キメが整って密集します。

キメが詰まった綺麗な肌は、肌細胞同士がお互いを押し付け合います。すると自然と毛穴も引き締まって目立たなくなります。

肌の保水力って化粧水でいいんでしょ?

と思えそうですがちょっと違います。

化粧水は正直な話、特殊なものを除けばあってもなくても保水力に関係ありません

肌の保水力を保っているのは角層にあるセラミドです。このセラミドが多いか少ないかです。

化粧水の水分が保水力に直結しそうですが、そもそも人間は半分以上が水分でできているのですから、わざわざ化粧水で水を与えなくても困りませんよね。

となると、セラミド化粧水?クリーム?

セラミドは一部の化粧品を除いて、油分の多い乳液、美容液、クリームなどに多く配合できます。だから化粧水以外のセラミド配合がベストです。

ただライスパワーエキスNo.11というお米の発酵抽出エキスなら、化粧水であっても比較的多く配合できます。ライスパワーエキスNo.11は、肌に入るとセラミドを増やす作用があります。

こういったセラミド配合、またはセラミドを増やすライスパワーエキスNo.11配合の化粧品を使うことで、肌の保水力をアップさせることができます。

肌の保水力があがれば、毛穴は押し出されて窮屈になって目立たなくなりますよね。

特に皮膚が突っ張っていて薄い小鼻では、セラミドクリームだとテカってしまうことがあります。そんな人は、肌表面に残りづらくテカりにくいライスパワーエキスNo.11が使いやすいですね。

でもでも、毛穴が窮屈になったら皮脂が詰まってニキビができやすくならない?

一見そう思えますが、全くの逆でニキビができにくくなります。

角質層の水分量があがったことで、肌が窮屈、というより柔軟性が生まれます。

毛穴がよりフレキシブルに動くようになり、開きっぱなしがなくなり毛穴も目立たなくなります。つまり、乾いたスポンジに水分が一杯入ってきたようなもので、肌がカチカチになったわけじゃありません。むしろプルンプルンになります。

毛穴が必要に応じてよく動くようになり、余分な皮脂が常にピュッと吐き出されるようになります。
余計な皮脂が溜まらないので、当然アクネ菌も繁殖せず、ニキビや吹き出物の強力な予防にもなります。

それに、肌水分量を保つとアクネ菌以外の善玉菌も活動が活発になります。アクネ菌はもともと善玉と悪玉のどちらにも化ける日和見菌です。常時肌水分量を保っているとアクネ菌は悪さをしにくくなるどころか、肌に天然の保湿状態を作ってくれます

皮脂が多い私でも綺麗になるのかな?

毛穴が目立つ人は皮脂が多く、毛穴が詰まりやすくて角栓ができやすくなります。しかし毛穴が柔軟に動いていれば余計な皮脂を掃き出すため角栓も作られづらく、皮脂詰まりも起きにくくなるニキビ予防になります。

特に女性の場合、皮脂が多いのはストレスに加えてインナードライが原因と考えられています。

インナードライは大雑把に言うとセラミド不足で起きる現象です。乾燥して肌のバリア機能が落ちているため、皮脂を多く出して保護膜を作ろうとする生理反応です。

だから保水力アップはインナードライ解決の近道。ストレスコントロールは難しいですが、保水力アップは誰でも簡単に取り組めます。皮脂が多い人も試してみて損はないでしょう。

でもなんか時間がかかりそう…

急いでいる人や、角栓が頑固な人は毛穴が目立たなくなるまで時間がかかります

普通は1ヶ月もしないうちに実感できますが、角栓が頑固な人はもっと時間がかかります。

こんな人は、角栓がスッキリするケアをやりつつ、セラミドによる保水力アップを並行してください。

しかし、毛穴の角栓がすっきりするケアは肌のセラミドを奪い去ってしまうものばかりです。過度のオイルクレンジングなんか典型的。ピーリングもそうです。毛穴パックなんて最悪です。

毛穴の角栓は皮脂と角質が混ざって固まったものです。つまり皮脂が落ちる洗顔などで角栓を取ることができます。ただ、それは同時にセラミドも奪うことになります。

角栓は表面の頭しか見えていません。いくら角栓除去をしようとしても、頭の一部しか削れません。頑張って時間をかけても、ほとんど角栓は取れないばかりか、周辺のセラミドが減って余計に毛穴が開きます。

毛穴角栓ケアをやるなら、必ず肌のセラミドに影響を与えないやり方をしないといけません。短時間で済み、それなりに角栓を取ることができるケアです(現状唯一それができるケア用品(1番目のもの))。

あと覚えておいて欲しいのは、どれだけ美肌の人でも、全く毛穴に角栓がないということはなく、多少はあるものなので綺麗にしすぎようとしないこと!そこまでしなくても毛穴は目立たなくなりますので!

頬・小鼻の毛穴ケアまとめ

1.洗顔・クレンジングで毛穴掃除は意識してはダメ!

毛穴はバケツ。バケツの中を必死に掃除してもスグにゴミが詰まります。さらに毛穴周辺が乾燥して余計目立つことに…

2.肌の保水力を高めよう

毛穴が目立つ原因は乾燥とハリ不足です。

ハリは急に戻りませんが、肌の保水力がアップすれば毛穴入り口が目立たなくなります。毛穴を直接小さくするのではななく(←不可能)、毛穴の入り口を狭くする。周辺の角質層にたっぷりの水分を与え続けてあげる。これが秘訣です。

3.角質層のすみずみまで浸透して維持する保湿化粧品を選ぶ

肌の保水力はセラミドが中心です。保湿化粧品を選ぶなら、浸透性の高いヒト型ナノセラミド、セラミドを増やす医薬部外品ライスパワーエキスNo.11、医療薬の浸透にも使われるリポソームカプセル採用のものから選ぶと間違いありません。